12. 占領・生産・撤去

偶数ターンの移動、撤退が完了した時点で、軍が置かれている補給都市は、その軍を置いている国のものになります。軍がおかれていない補給都市は、引き続き、すでに保有している国のもののままです。

占領が解決したら、自国が保有している補給都市の数と保有している軍数を数えます。その数が保有している軍の総数が多い場合、軍の生産(配置)を行うことができ、逆に、軍数のほうが多い場合、補給都市の保有数と同数になるまで、軍を撤去しなくてはなりません。

軍の生産・撤去は、やはり、命令書に記述して行います。撤退同様、外交フェーズがあるわけではないので、軍の生産・撤去の際、他のプレイヤーと相談して決めてはいけません。

また、重要なルールとして、軍の生産は、ゲーム開始時に自国の軍が配置されていた場所のいずれかにしか、配置することができません。また、1地域1軍しかおけないので、その場所に軍がある場合、軍を生産することはできません。

PREV 11.輸送
NEXT 13.コロニアル・ディプロマシー特有ルール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です