8. 移動

軍の移動のルールについて説明します。

まず、軍の移動ルールとして、共通のルールがあります。それは、「陸軍の輸送を除き、1ターンで移動できるのは隣接している地域のみ」だということです。以下、陸軍・海軍について、個別に説明していきます。

陸軍の移動ルールは非常に簡単です。
移動は陸地のみ可能で、海域に移動することはできない。
海域を越えて移動する場合、海軍の輸送の力を借りる必要がある。
ですが、いくつかの陸地の間は、さも橋が架かってるかのように、移動することができます。その場所について、下記に列挙します。地図上でも、黄色い線でつないでいます。

ディプロマシー
Sueden(スウェーデン) – Denmerk(デンマーク)

コロニアル・ディプロマシー
SAK(樺太) – OTA(小樽)
OTA(小樽) – AKI(秋田)
KYO(京都) – KYU(九州)
MNA(マニラ) – CEBU(セブ島)
CEBU(セブ島) – DAV(ダバオ)
CAN(広東) – HK(香港)
MAL(マレーシア) – SIN(シンガポール)
CON(イスタンブール) – ANG(アンゴラ)

海軍の移動ルールは、以下の通りです。
海軍が海域にいる場合、隣接地になる海域か陸地に移動することができる。
海軍が陸地にいる場合、その陸地が隣接している海域への移動ができる。
海軍が陸地にいる場合、陸地に移動することもできる。この移動先は、その陸地が隣接している陸地で、かつ、その陸地に接している海域のいずれかが、移動元と移動先の陸地双方の隣接地であり、かつ移動可能な海域であること。
海軍移動の3つ目のルールは、「海岸」ルールを併せて説明しなければなんでこんなまわりくどい説明になっているのかがわかりませんので、海岸ルールと、具体的な例で説明したいと思います。

いくつかの地域は、海岸を持っている地域があります。これは、どの海から進入したかによって、その陸地上で、次のターンに移動可能な場所が変わる可能性がある、ということです。海岸を持つ地域は、以下の個所です。

ディプロマシー
St.Petersburg(サンクト・ペテルブルグ) 北岸と南岸
Bulgaria(ブルガリア) 東岸と南岸
Spain(スペイン) 北岸と南岸

コロニアル・ディプロマシー
ARA(アラビア) 北岸と南岸
BAN(バンコク) 東岸と西岸
SEO(ソウル) 東岸と西岸
これらの地域に入る場合には、移動の場合に、海岸も併せて書く必要があります。

F FUS – SEO(East Coast)

上記の例では、FUS(釜山)からSEO(ソウル)への移動のため、どちらの海岸にも移動することが可能ですが、明らかに片方の海岸しか入れない場合も、海岸を指定して記述するようにしましょう。

F AS – BAN(West Coast)

さて、さきほどの海軍の移動の3つ目のルールの具体的説明に入ります。「その陸地が隣接している陸地で、かつ、その陸地に接している海域のいずれかが、移動元と移動先の陸地双方の隣接地であり、かつ移動可能な海域」の意味です。

rule201

KAR(カラチ)にいる海軍の移動先を考えてみます。
PG(ペルシャ湾)、ARA.S(アラビア海)は、カラチの隣接海域なので移動可です。次に、陸地 – 陸地の移動について考えます。
KAR – PER(ペルシア)は、陸地が隣接しています。また、この両方の地域に隣接している海域PG(ペルシャ湾)があるため、PERには移動が可能です。KAR – RAJ(ラジャスタン)への移動も、同様に、陸地同士が隣接で、かつ、この両方の地域に隣接している海域ARA.S(アラビア海)があるので、RAJへの移動も可能です。しかし、AFG(アフガニスタン)やPUN(パンジャブ)は、陸地は接しているけれども、この両方の地域に隣接している海域がないので、移動ができません。と、こんな感じで解釈されるのです。
しかし。。。AFG(アフガニスタン)やPUN(パンジャブ)は明らかに地図上内陸地なので海軍で移動ができないのは見ればわかります。では、なんで上の表現で移動先を定義しているのでしょう。

rule202

ARA(アラビア)の南岸(South Coast)にいる海軍の移動先を考えてみます。
アラビアの南岸からみた場合に隣接している海域は、GOA(アラビア湾)、ARA.S(アラビア海)の2つです。PG(ペルシャ湾)は隣接していないので、海軍はARAにいますが、ここに移動することはできません。陸地はどうでしょう。OMAN(オマーン)はARA.S(アラビア海)、ADEN(アデン)はGOA(アフリカ湾)がそれぞれ共通の海域なので、移動が可能です。隣接する陸地は他にBAG(バグダッド)、MEC(メッカ)、SYR(シリア)がありますが、MEC(メッカ)とSYR(シリア)は共通する海域がないので移動できません。問題はBAG(バグダッド)です。こことは、PG(ペルシャ湾)という海域で隣接していますが、この海域には移動ができません。なので、南岸にいるARA(アラビア)海軍の移動可能先は、OMAN(オマーン)・ADEN(アデン)・GOA(アラビア湾)・ARA.S(アラビア海)の4個所、となります。

海岸ルールにこのような意味があるため、それをはっきりさせるため、上記のルール説明でかなり回りくどい表現になってしまいましたが、基本的には、海軍は内陸には入れないというイメージをしっかり持っていれば、無理な移動はしなくなるでしょう。

だいたいの場合、陸地のある場所は海岸がからむのですが、特例として、海域を持たない地域もあります。

CEBU(セブ島)
この領域は海岸を持ちません。たとえば、MP(中太平洋)からCEBU(セブ島)へ移動した次ターンにSUL.S(スル海)に移動することができたりします。まあ、コロニアルのセブ島はみたままでわかりやすいのですが。。。

あと、地名が打ってあるけれど、進入不可な地域があります。山岳が険しいなどで、入ること自体ができない地域になります。

ディプロマシー
Switzerland(スイス)
Iceland(アイスランド) ※製品版には、地名は入っていません
Ireland(アイルランド) ※製品版には、地名は入っていません

コロニアル・ディプロマシー
ヒマラヤ山脈(TIB(チベット)とNEP(ネパール)の間。両地は隣接扱いではなくなる)

PREV 07.命令書の書き方
NEXT 09.支援と衝突

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です