第12ターン(1892年)行軍結果

1890

ENGLAND - がとぅ ENGLAND – がとぅ(17(+2) – Army 3, Fleet 12)

A PUN – KAM : Stand off by Russia A KAM
A TIB – KAM : Stand off by Russia A KAM
A MAY – U.BUR
F CS – NEW
F BAN(East Coast) – GOS : Stand off by France F COC – GOS
F SUD – EGY : Stand off by Turkey F EGY
F JS – CS : Stand off by Japan F LP – CS
F GOA – ADEN
F ARA.S – ARA : Stand off by Turkey A ARA
F RS S England F GOA – ADEN
F SAR S England F JS – CS
F WIO – MAD
F RAJ – KAR : Stand off by Turkey A KAR
F SUN.S S England A PUN – KAR : Can’t Support
F MYS S England F WIO – MAD

FRANCE - とにざぶろう FRANCE – とにざぶろう(5(-2) – Army 1, Fleet 5)

A RAN – N.SAM : Stand off by China A N.SAM and Banned by China A U.BUR – RAN
A ANN – CAN : Stand off China F TON – ANN
F SUL.S S Japan F LP – CS
F DAV S Japan F LP – CS
F SCS S France F SUL.S
F HK S France F SCS
F COC – GOS : Stand off by England F BAN(East Coast) – GOS

HOLLAND - 春月水 HOLLAND – 春月水(0(-1) – Fleet 0(-1))

F MAD Hold : Banned by England F WIO – MAD

JAPAN - chocoxina JAPAN – chocoxina(13(+1) – Army 2, Fleet 10)

A MAC HOLD
A VLA – IRK
F LS S Japan F UP – FOR
F SHA HOLD
F MP S Japan F CEBU – LP
F ECS HOLD
F P.ART S Japan A MAC
F CEBU – LP
F UP – FOR
F YS S Japan A SHA
F LP – CS
F SOJ HOLD

CHINA - まつだぶんわ CHINA – まつだ(8 – Army 4, Fleet 2(-1))

A N.SAM – TON : Stand off by China F TON
A PEK S China F MON
A MON S China F PEK
A NAN – CAN
A RAN HOLD
F TON – ANN : Stand off by France A ANN – TON
F FOR HOLD : Banned by Japan F UP – FOR

RUSSIA - シダマ RUSSIA – シダマ(9(+1) – Army 7, Fleet 1)

A BOK S Russia A TAS – AFG
A PER S Turkey A KAR
A TAS – AFG
A KAM S Russia A TAS – AFG : Stand off by England A TIB – KAM and A PUN – KAM
A KIR – TAS
A KAG S Russia A KAM
A ORE – OMSK
F MED S Turkey F EGY

TURKEY - ザリオン TURKEY – ザリオン(6(-1) – Army 3, Fleet 4)

A ARA S Turkey A ADEN : Stand off by England F ARA.S – ARA(South Coast)
A ADEN HOLD : Retreat by England F GOA – ADEN
A KAR HOLD
F EGY HOLD
F SHI HOLD
F PG S Turkey A KAR
F OMAN – ARA.S : Stand off by England F ARA.S

ワールドマスター

オランダ、アジアより消える-

インドネシアを本拠地に、アジアの植民地覇権を争った春オランダ。
インド・シンガポールを押さえるがとぅ英国と、カンボジア・ビルマなどを押さえるとにーフランスに終始警戒され、アジアに存在感を見せることができないまま退場に追い込まれた。
しかし滅亡までにかなり粘ったこともあって、とにーフランスは北方の清国マツダに襲いかかられ大きく国力を削がれ、英国がとぅも気がつけば日仏が手を結んで攻勢に出ており、防戦に回っている。蘭国の魂よ、安らかに。

さて、世界情勢といえば、英国が必死にやりくりして国力をなんとか伸ばしている。しかし、国力を回復したシダマロシアがいよいよインドへの侵攻を開始。東南アジアも、占領地8に対して海軍5で日仏の連合海軍9軍を相手することとなり明らかに劣勢。ざりートルコからアデンをようやく取り返したものの、これ以上の侵攻は地勢的軍数的に難しい。終始友好的な清国マツダが頼りだが…

ちょこな日本は大陸への上陸を開始していきそうだ。巨大な海軍戦力を保有しており、すでに先鋒はニューギニア近くにまで到達。とにーフランスを味方に取り込んで対英戦線を構築しつつある。フランスの国力回復を助けつつ英国を駆逐する構えだろうか、フランス領は占領せずに保護している。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です