第10ターン(1888年)行軍結果

1890

ENGLAND - がとぅ ENGLAND – がとぅ(15(+1) – Army 3, Fleet 11)

A AFG – KAR : Stand off by England A KAM and Retreat to PUN by Russia A BOK – AFG
A KAM – TIB : Stand off by Russia A KAG – TIB
A MAY S China A N.SAM – TON : Stand off by France A RAN – MAY
F CS – NEW: Stand off by Holland F LP – NEW
F MAL – BAN(East Coast)
F SUD – EGY : Stand off by Turkey F EGY
F JS – SUM
F GOA S England F ARA.S
F ARA.S S England A AFG – KAR : Target none
F RS S England F SUD – EGY
F SAR S England F SIN – JS
F EIO – WIO
F RAJ S England A AFG – KAR : Target none
F SIN – JS

Unit Order: F BOM

FRANCE - とにざぶろう FRANCE – とにざぶろう(7 – Army 2(-1), Fleet 4)

A RAN – MAY : Stand off by England A MAY
A TON S France A CAN : Stand off by China A N.SAM – TON
A CAN S France A RAN – MAY : Banned by China F NAN – CAN
F SUL.S – CEBU
F DAV S France F SUL.S – CEBU
F SCS – NAN
F HK S France A CAN

Unit Order: F COC

HOLLAND - 春月水 HOLLAND – 春月水(1(-1) – Fleet 2)

F GOM – MAD
F LP – NEW : Stand off by England F CS – NEW

Unit Banned: F LP

JAPAN - chocoxina JAPAN – chocoxina(12(+1) – Army 2, Fleet 9)

A MAC HOLD
A VLA S Japan A MAC
F MP – LS
F SEO(West Coast) – YS
F FOR S F YS – ECS
F YS – ECS
F P.ART S Japan A MAC
F MNA – CEBU : Stand off by France F SUL.S – CEBU
F KYO – UP
F KYU S Japan F YS – ECS
F UP – MP

Unit Order: F OTA

CHINA - まつだぶんわ CHINA – まつだ(8(-2) – Army 7, Fleet 3)

A YUN S China F NAN – CAN
A N.SAM – TON : Stand off by France A TON
A PEK S China A IRK – MAC
A IRK – MAC : Stand off by Japan A MAC
A LAN – MON
A CHU S China F NAN – CAN
A U.BUR S England A MAY
F SHA S China A IRK – MAC
F NAN – CAN
F ECS – SCS

Unit Banned: A YUN, IRK

RUSSIA - シダマ RUSSIA – シダマ(8(+1) – Army 6, Fleet 1)

A TAS – KAG : Stand off by Russia A KAG
A PER S Turkey A KAR
A AKM – TAS : Stand off by Russia A TAS
A BOK – AFG
A KIR S Russia A TAS – KAG : Supporting Target was Changed by Russia A KAG
A KAG – TIB : Stand off by England A KAM – TIB
F MED S Turkey F EGY

Unit Order: A MOS

TURKEY - ザリオン TURKEY – ザリオン(7 – Army 3, Fleet 3)

A ARA S Turkey A ADEN
A ADEN HOLD
A KAR S Russia A BOK – AFG
F EGY HOLD
F PG S Turkey A KAR
F OMAN – ARA.S : Stand off by England F ARA.S

ワールドマスター

東南アジアで中国・英国・仏国が入り乱れての乱戦。
陣形も戦線もなく、混沌とした状況で、一進一退の攻防を繰り広げている。

オランダの植民地であったインドネシアはすっかりイギリスの手に陥ちたが、しかし、流浪の蘭海軍がマドラスへ上陸。最後の最後まで抵抗を続ける姿は見事である。

清国マツダは日本ちょこなの圧力にいよいよ屈しそうだが、その横で、シダマロシアが息を吹き返しつつある。守りやすく攻めづらい地勢によってなかなか進軍できていないものの、露土の連合軍はついに15となって、一方面の一大勢力となった。

ということで、勢力図を、以下の4ゾーンに分けてみたい。

① 大英帝国   15。支配域は広域に渡るが、中心地のインドの守りははなはだ心許ない。
② 大日本帝国  12。実史無視の大海軍の編成成功により、太平洋に並ぶ者無き巨大戦力を有している。
③ 露土連合軍  15。利害の一致した共闘が続き、インドを破ることができれば一気にイニシアチブを握るかもしれない。
④ 中仏紛争地帯 15。実は中仏の合計国力はいまでも15ある。まさかとおもうが、遺恨を流して組むようなことは、ないだろうかー

①②③まではそもそも現在の状勢だ。
本来は①のがとぅ大英帝国がマツダ清国と共闘しているので、この陣営として国力は23であり、東南アジア戦線を有利に進めているといえる。
しかし潜在的に並ぶ者無き勢力は②のちょこな大日本帝国。こちらは全12軍できれいに戦線を張り、一方面に戦力を集中させられる有利さがある。
だが④が想像できるということは、このゲーム、まだまだ外交の振るい所があるということだ。
それもこれも、各国のしぶとさの賜物。
春オランダとて、一切崩れなかった英仏の同盟関係を相手に、10ターン20年を生き抜いた。
もうひと波乱が、見てみたい。
小国だけではない、強国だって、波乱を起こす要素は、満ちているー

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です