第9ターン(1886年)行軍結果

1888

ENGLAND - がとぅ ENGLAND – がとぅ(14 – Army 3, Fleet 11)

A PUN – AFG
A KAM S England A PUN – AFG
A U.BUR – MAY
F NEW – CS : Stand off by Holland F DAV – CS
F MAL – GOS : Stand off by France F SCS – GOS
F SUD – EGY : Stand off by Turkey F EGY
F JAVA – JS
F GOA S England F ARA.S
F ARA.S S England F RAJ – KAR : Stand off by Turkey F PG – ARA.S
F RS S England F SUD – EGY
F SAR S England F NEW – CS
F CEY – EIO
F RAJ – KAR : Stand off by Turkey A KAR

FRANCE - とにざぶろう FRANCE – とにざぶろう(7 – Army 3, Fleet 4)

A BAN – RAN
A TON S France A MAY – CAN
A MAY – CAN
F SUL.S S France F CEBU – DAV
F CEBU – DAV
F SCS – GOS : Stand off by England F MAL – GOS
F HK S France A MAY – CAN

HOLLAND - 春月水 HOLLAND – 春月水(2 – Fleet 2)

F AS – GOM
F DAV – CS : Stand off by England F NEW – CS and Retreat to LP by France F CEBU – DAV

JAPAN - chocoxina JAPAN – chocoxina(11 – Army 2, Fleet 9)

A SEO – MAC
A VLA S Japan A SEO – MAC
F UP – MP
F LS – SCS : Stand off by France F SCS
F FUS – SEO(West Coast)
F ECS – FOR
F SOJ – YS
F P.ART HOLD
F MP – MNA
F KYO S Japan F SOJ – YS
F KYU S Japan F SOJ – YS

CHINA - まつだぶんわ CHINA – まつだ(10 – Army 7, Fleet 3)

A YUN S England A U.BUR – MAY
A RAN – N.SAM
A MON – PEK
A MAC – P.ART : Stand off by Japan F P.ART and Retreat to IRK by Japan A SEO – MAC
A PEK – LAN
A CAN – TON : Stand off by France A TON and Retreat to CHU by France A MAY – CAN
A ASS – U.BUR
F SHA S F China F YS
F NAN – CAN : Stand off by France A MAY – CAN
F YS S China A MAC – P.ART : Retreat to ECS by Japan F SOJ – YS

RUSSIA - シダマ RUSSIA – シダマ(7 – Army 6, Fleet 1)

A TAS S Russia A URU – KAG
A PER S Turkey A KAR
A KRA – AKM
A AFG – PUN : Retreat to BOK by England A PUN – AFG
A AKM – KIR
A URU – KAG
F MED S Turkey F EGY

TURKEY - ザリオン TURKEY – ザリオン(7(+1) – Army 3, Fleet 3)

A ARA S Turkey A ADEN
A ADEN HOLD
A KAR S Russia A AFG – PUN : Stand off by England F RAJ – KAR
F EGY HOLD
F PG – ARA.S : Stand off by England F ARA.S
F OMAN S Turkey F PG – ARA.S

ワールドマスター

まつだ清国が深刻だ。

…と、のっけからしょうもないことを言ってしまったが。
西、東、南の3方面から一挙に襲いかかられて大変なことに。
黄河文明から続くこの偉大な国は、このまま滅亡に向かって一方通行に進んでしまうのだろうか。

とにーフランスもかなり苦しい状況になってきた。
英国・中国に加え、日本海軍にも囲まれ、だんだんと包囲の輪が小さくなっている。
外交で状況を打破したいところだが、日英の2国はすでに自立できるぐらいの状況になりつつある。
ディプロの外交姿勢を変えていくことの難しさを、いまのフランスの状況は強く表している。

露土同盟軍は少しずつ国力を取りもどしつつあるが、インド洋方面は完全に膠着してしまい、
もどかしい戦いを続けている。ようやく陥としたアフガンをこの年は取られたが、すぐに取り返せる状態であり、
痛手はほとんどないだろう。

敵を極力作らず、気がつけば生産地の多さを活かして軍を広く展開しているがとぅ英国。
敵らしい敵がおらず、悠々自適に国力を伸張するちょこな日本。
これもひとつの外交の勝利だろう。
しかしまだまだちょっとしたことで状況がひっくり返る可能性がある。
弱った国が外交で跳ね返すか。
強国がそれを許さないか。
楽しみは続く。

You may also like...

1 Response

  1. マ・ツダ より:

    がんばります! その駄洒落はつらいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です