第5ターン(1878年)行軍結果

1878

ENGLAND - がとぅ ENGLAND – がとぅ(11 – Army 3, Fleet 8)

A KAR S England A KAM – AFG : Stand off by Russia A PER – KAR
A KAM – AFG : Stand off by Russia A BOK – AFG
A BEN S China A YUN – U.BUR
F SUL.S – DAV
F MAL S England F SIN – JS
F SUD – EGY : Stand off by Turkey F EGY
F JAVA – TS : Stand off by Holland F NEW – TS
F MAD – GOM : Stand off by Holland F AS – GOM
F ARA(South Coast) – ARA.S
F RS S England F SUD – EGY
F SIN – JS

FRANCE - とにざぶろう FRANCE – とにざぶろう(7 – Army 3, Fleet 4)

A RAN – U.BUR : Stand off by China A U.BUR
A BAN – N.SAM
A MAY HOLD
F SAR S England F SIN – JS
F LS – CEBU
F ANN – SCS
F COC – GOS

HOLLAND - 春月水 HOLLAND – 春月水(3 – Fleet 3)

F AS – GOM : Stand off by England F MAD – GOM
F CS – BOR
F NEW – TS : Stand off by England F JAVA – TS

JAPAN - chocoxina JAPAN – chocoxina(7 – Army 1, Fleet 6)

A SEO S Japan F YS – FUS
F SOJ – OS
F MNA HOLD
F YS – FUS
F ECS S F KYU – YS
F KYO – SOJ
F KYU – YS

CHINA - まつだぶんわ CHINA – まつだ(11 – Army 8, Freet 3)

A SIK – URU
A CHU – YUN
A U.BUR S China A CAN – MAY : Stand off by France A RAN – U.BUR
A KAG S England A KAM – AFG
A MON – IRK : Stand off by Russia A IRK
A MAC – VLA : Stand off by Russia A VLA
A PEK – MON : Stand off by China A PEK
A CAN – MAY : Stand off by France A MAY
F P.ART S Japan A SEO
F SHA – YS : Stand off by Japan F KYU – YS
F NAN S France F ANN – SCS

RUSSIA - シダマ RUSSIA – シダマ(9 – Army 7, Fleet 1(-1))

A VLA S Russia F FUS – SEO : Stand off by China A MAC – VLA
A TAS S Russia A BOK – AFG
A PER – KAR : Stand off by England A KAR
A IRK S Russia A OMSK – KRA : Stand off by China A MON – IRK
A BOK – AFG : Stand off by England A KAM – AFG
A ORE – AKM
A OMSK – KRA
F FUS – SEO : Stand off by Japan A SEO and Banned by Japan F YS – FUS
F MED S Turkey F EGY

TURKEY - ザリオン TURKEY – ザリオン(6 – Army 3, Fleet 3)

A MEC S Turkey A ADEN
A ADEN S Turkey BAG : Target none and can’t support it
A ANG – SYR
F EGY HOLD
F SHI – PG
F BAG – ARA(East Coast)

ワールドマスター

1878年になっても、大きな展開はなく、それまでの外交関係が維持された形で進んでいる。

隣国の英仏に手を組まれた春くんオランダは、インドネシアからの退場が近い。
確かにこのまま共闘が続けばオランダは平定されるのだがー 両国ともに、別の方面に大きな敵を抱えており、東南アジアを平定してその軍を振り向けられるのか、その余裕を他の国が与えてくれるのか。占有地が入り繰りになっていることもあり、思わぬ展開が起きてもおかしくない状況ではある。

ちょこな日本は朝鮮半島のシダマロシア軍を駆逐し、太平洋に自立勢力として確立した。マツダ中国は強国であり、この強国に挑むのか、東南アジアを望むのか、しばらく時勢の成り行きを見守るのか。疲弊のない、強力な海軍を抱える日本は、この数年のキーパーソンとなろう。

同じくキーパーソンのマツダ中国。北のロシアとの全面戦争はいよいよ避けられなくなってきた。両国ともに長い戦線を築き、睨み合いの様相。ここに日本やイギリスが絡む。だが南には自由の利く軍を抱え、ユーラシアでのパワーバランスの一翼を担っていることは間違いない。

露土は強力な同盟関係を築いている。極東軍が壊滅し立て直しを図る必要があるシダマロシアと、邪魔な英国を打ち破りインド洋に繰り出したいざりートルコの利害は完全に一致しており、片方が弱ると共通の敵、がとぅ英国が伸びるだけなので、この状勢が続く限りは、友好関係が続きそうだ。

さて、最後に、パワーバランスを一番崩す力を持ちつつある、3つめのキーパーソン、とにーフランスに目を向けてみよう。とにーフランスは小競り合いこそあるものの、敵らしい敵もなく、それなりに大きな軍を抱えるに至った。友好関係を築きながら成り行きを見守りつつ、じわりじわりと国力を広げていくことが予想される、が、この国がなにか大きな舵を切ったら… どのようにユーラシア全土にハレーションするか、想像できない。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です