第4ターン(1876年)行軍結果

1878

ENGLAND - がとぅ ENGLAND – がとぅ(11(+1) – Army 3, Fleet 7)

A KAR S England A KAM – AFG : Stand off by Russia A PER – KAR
A KAM – AFG : Stand off by Russia A BOK – AFG
A BEN S China A YUN – U.BUR
F SUL.S – DAV : Stand off by Holland F CS – DAV
F MAL – AS : Stand off by Holland F AS
F SUD – EGY : Stand off by Turkey F EGY – SUD
F JS – JAVA
F MAD – GOM : Stand off by Holland F AS – GOM
F ARA.S – ARA(South Coast)
F RS – ADEN : Stand off by Turkey A ARA – ADEN

Unit order: F SIN

FRANCE - とにざぶろう FRANCE – とにざぶろう(7(+2) – Army 3, Fleet 2)

A RAN – U.BUR : Stand off by China A YUN – U.BUR
A BAN – RAN : Stand off by France A RAN
A MAY – RAN : Stand off by France A RAN
F SUN.S – SAR
F SCS – LS

Unit order: F ANN, COC

HOLLAND - 春月水 HOLLAND – 春月水(3(-1) – Army 1, Fleet 3)

A SAR – BOR
F AS – GOM : Stand off by England F MAD – GOM
F CS – DAV : Stand off by England F SUL.S – DAV
F TS – NEW

Unit banned: A SAR

JAPAN - chocoxina JAPAN – chocoxina(7(+2) – Army 1, Fleet 4)

A KYO – SEO
F SOJ C Japan A KYO – SEO
F LS – MNA
F YS S Japan A KYO – SEO
F ECS S Japan F SOJ : Stand off by China F SHA – ECS

Unit order: F KYO, KYU

CHINA - まつだぶんわ CHINA – まつだ(11(+2) – Army 6, Freet 3)

A URU – SIK
A CAN – CHU
A YUN – U.BUR
A KAG S England A KAM – AFG : Stand off by Russia A TAS – KAG
A MON S China A MAC
A MAC S China F P.ART
F P.ART S Japan A KYO – SEO
F SHA – ECS : Stand off by Japan F ECS
F NAN S China F SHA : Target none

Unit order: A PEK, CAN

RUSSIA - シダマ RUSSIA – シダマ(9 – Army 6, Fleet 2)

A VLA – SEO : Stand off by Japan A KYO – SEO
A TAS – KAG : Stand off by China A KAG
A PER – KAR : Stand off by England A KAR
A IRK – VLA : Stand off by Russia A VLA
A BOK – AFG : Stand off by England A KAM – AFG
A MOS – ORE
F SEO(West Coast) – FUS
F BS – MED

Unit order: A OMSK

TURKEY - ザリオン TURKEY – ザリオン(6(+2) – Army 2, Fleet 2)

A MEC S Turkey A ARA – ADEN
A ARA – ADEN
F EGY – SUD : Stand off by England F SUD – EGY
F SHI HOLD

Unit order: A ANG, F BAG

ワールドマスター

1876年(第4ターン)が終わり、各地の戦火は激しさを増している。

ちょこな日本とざりートルコが、それぞれ大国のマツダ中国・シダマロシアと手を組み、当面の敵との戦闘に勝利。国力を伸張した。
はるくんのオランダは、がとぅイギリスと全面戦争に入ってしまい、ジャワ島を失陥する。とにーフランスも追い打ちをかけ、ボルネオ島に上陸。春月オランダ、外交で少なくともどちらかを食い止めることができなかった。ちょこなたちとの明暗が分かれた。

マツダ中国は外交を巧みに使い、中央を維持している。ここまでの存在感は、ピカイチである。中国全土を保全し、海軍を3軍有し、スタンドオフの発生率が格段に低いことがそのことを裏付けている。しかし、周りの国の力が伸びてきているので、真価を試されるのはここからだろう。
シダマロシアは隣国のうちトルコだけが味方という状態なのは苦しい。日中の関係が崩れない限り、極東の失陥は時間の問題。外交による立て直しはできるだろうか。
一番状況が厳しいと思うのはがとぅイギリス。
アフリカ・インドネシア方面にそれぞれ3軍を割いているが、割いている兵数に比べると戦果が乏しい。アフリカ方面はアデンを失陥し、マイナスの状況。インドネシア方面も、ジャワ島は押さえたが、オランダの抵抗に遭って攻めあぐねている感じが強く、戦線は崩れ、フランスには漁夫の利をもっていかれている。
制海権があれば堅固なインドだが、守備兵はわずかであり、本気で襲いかかられたらひとたまりもないだろう。どこを押さえて、どこを妥協するのか。英国の苦悩は続く。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です