第3ターン(1874年)行軍結果

1876

ENGLAND - がとぅ ENGLAND – がとぅ(10 – Army 3, Fleet 7)

A KAR – AFG : Stand off by Russia A TAS – AFG
A KAM S England A KAR – AFG
A BEN – U.BUR : Stand off by France A RAN – U.BUR
F SUL.S – CS : Stand off by Holland F CS
F MAL S England F SIN – JS
F RS – SUD
F SIN – JS
F MAD – GOM : Stand off by Holland F AS – GOM
F BOM – ARA.S
F ADEN – RS

FRANCE - とにざぶろう FRANCE – とにざぶろう(5 – Army 3, Fleet 2)

A RAN – U.BUR : Stand off by England A BAN – U.BUR
A BAN HOLD
A TON – MAY
F SUN.S S England F SIN – JS
F ANN – SCS

HOLLAND - 春月水 HOLLAND – 春月水(4 – Army 1, Fleet 3)

A SAR HOLD
F AS – GOM : Stand off by England F MAD – GOM
F CS S A SAR : Stand off by England F SUL.S – CS
F JAVA – TS

JAPAN - chocoxina JAPAN – chocoxina(5 – Army 1, Fleet 4)

A KYO – FUS : Stand off by Russia F SEO(West Coast) – FUS
F SOJ C Japan A KYO – FUS
F FOR – LS
F YS S China F MAC – P.ART
F KYU – ECS

CHINA - まつだぶんわ CHINA – まつだ(9 – Army 6, Freet 3)

A MON – URU
A CHU – CAN
A ASS – YUN
A KAG S Russia A TAS – AFG
A SIK – MON
A PEK – MAC
F MAC – P.ART
F SHA S Japan F YS
F CAN – NAN

RUSSIA - シダマ RUSSIA – シダマ(9 – Army 6, Fleet 2(-1))

A VLA – SEO : Stand off Russia F SEO(West Coast)
A TAS – AFG : Stand off England A KAR – AFG
A TAB – PER
A OMSK – TSR – VLA : So Russia A on VLA, move as far as IRK
A MOS – BOK
A ODE – MOS
F SEO(West Coast) – FUS : Stand off by Japan A KYO – FUS
F RUM – BS
F P.ART – YS : Stand off by Japan F YS and Banned by China F MAC – P.ART

TRUKEY - ザリオン TRUKEY – ザリオン(4 – Army 2, Fleet 2)

A SYR – MEC
A BAG – ARA
F MED – EGY
F PER – SHI

ワールドマスター

各国が生産を行い、全体の軍数が増えたため、かなり入り乱れてきた。
1872年同様、極東・東南アジア・中東の3方面が主な戦場となっているが、その規模が大きくなってきている。
極東は、中国と日本が手を組み、ロシアを挟撃するという波乱の展開に。ロシアは遼東半島の海軍を失い、極東軍の勢力が大きく減退した。
東南アジアでは、オランダとイギリスが全面戦争に入っているが、その陰でフランスが国力を増大しつつある。英蘭はお互いが仕掛けて、戦線が崩れつつあるのに対し、フランスは綺麗に戦線も構築できており、一大勢力ができるのかと思いきや、日本海軍がここに参入してくる可能性がでてきた。
イギリスはトルコとも全面戦争に入りつつある。背後のロシアの動きは不気味だが、トルコはイギリスに全力を傾けつつあり、イギリスはこれを食い止めるだけの戦力に乏しい。

この3方面に加えて、中央アジアでも小競り合いが始まり、英中露の3大大国が睨み合っている。

国と国の絡み合いがかなり複雑になってきており、各国の外交も活発に行うべき状況になった。
短期的な戦術的外交と、長期的な戦略的外交、両方を持って臨むことが必要とされている。
ひとつの外交、ひとつの用兵で状況が大きく変わってしまうディプロマシー、今後も目が離せないぞ!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です