#3 – ボードゲームサークルまんまる(1/2)

手ぶらでいける、ボードゲーム会。

ボードゲームサークルまんまる」は、東京都の東・江戸川区で、月に1度、開催されているゲーム会だ。

主催のHTPさんは、家に、自ら「武器庫」と称するゲーム置き場部屋を持つ。その部屋に所狭しと収められた1000を越えるゲームの中から、ホームセンターに売られている、収納や荷物運び用の折りたたみ式コンテナを使って、なんと7箱分を主催するゲーム会に持ち込む。前もって「××やりたいです!」と言っておくと、優先して持ち込みゲームに加えてくれる親切ぶりで、文字通り、「手ぶらで行ける」ボードゲーム会だ。

会場は、江戸川区内の公民館が中心。その中でも、都営新宿線船堀駅すぐそばの「タワーホール船堀」で開催されることが多い。どの場所でも、基本的にはテーブル形式である。

現時点(執筆時:2015年7月1日時点)では、HTPさん夫妻2人で回している関係から、入り口に設けた受付に常時人がいるわけではないが、すぐに誰かが受付へ呼んでくれるのは、人のいい常連さんが多いことを示している。

通常の参加費は300円。会の開始時点からスタンプカードを導入し、6回目の参加で100円、12回目の参加は無料となるシステムだ。12回を越えたら、またその次の6回目、12回目で同じようになる。

参加者は、比較的常連の方が多い。子どももちょいちょいくる。主催者のひとり、HTPさんの奥さんでもあるだださんは、学生時代にボランティア活動で子どもをたくさん相手にしていたから、子どもの扱いには慣れているし、とても優しい。だださんはいまでもボードゲームはビギナー目線なので(そしてこれからも)、ボードゲームはじめての人にも敷居は低い。

まんまるではみんなが楽しめるよう、会則をおいている。まずひっかかるようなことはないと思うが、一読しておくとよいだろう。会則は、このページの最後にある、会のサイトにあがっている。

気仙沼で開催した出張まんまるですら、この量!すべて、武器庫からのゲームですヨ

気仙沼で開催した出張まんまるですら、この量!すべて、武器庫からのゲームですヨ

 

震災の翌々日がスタート予定だった。

まんまるは、第1回が2011年4月。まる4年を越えた。もともとは、この記念すべき第1回は3月13日の予定だった。しかし、この2日前に、東北地方太平洋沖地震が発生する。これを受けて、まんまるは、急遽、第1回を翌月に延期し、第0回として、無料開放を決断する。

このとき、確か、50名を越える人が集まった。震災直後で不安な中、まだ計画停電もはじまる前で電車は普通に動いていたこともあって、それだけ集まったのだろう。

この4年後、2015年6月末に、奇しくも、震災で大きく被害を受けた気仙沼で、出張まんまると称して、民宿を舞台にボードゲーム会を開いた。その想いは、ボードゲームの楽しさを知ってもらいたい、ボードゲームを通して、たくさんの人が楽しい気持ちになってくれたら。これは、HTPさん夫婦に共通する想いだと思う。

この気仙沼・唐桑半島で開催した会には、HTPさんから声を掛けて頂いて、筆者もインストラクター兼スタッフの一員として同行・参加させて頂いた。天候が悪く、当日は大雨になったにも関わらず、30人を越える現地の人にきていただいて、挙げ句には、会場であった民宿にたまたま泊まりに来ていたお客さんまで参加してくれるなど、大盛況に終わった。会のあと、さっそく、地元の人たちの中でゲーム会が発足したとのこと。嬉しいニュースである。

記念すべき、まんまるの第1回。プレイされたゲームをホワイトボードに書くのは、最初から続いている。昔も今も、プレイされるゲームの幅は広い

まんまるの第1回と、それから50回を数えた第51回。プレイされたゲームをホワイトボードに書くのは、最初から続いている。昔も今も、プレイされるゲームの幅は広く、そして、会のスタイルは変わらない

 

コミュニケーションツールとしてのゲーム

僕がHTPさん・だださんにはじめてお会いしたのは第0回のとき。それから、長く友人として、ボードゲーム以外でも親しくさせてもらっている。HTPさんは所有ゲーム1000を越える、国内でも有数のツワモノだが、しかし、ゲームが前面にはあまりでてこなくて、いつも遊ぶ「人」が中心になるよう、考えておられると思う。

だから、猛者も、ビギナーも、「ゲーム」を通じた「楽しさ」を感じられるという意味では、まんまるはどこにも負けない。都営新宿線という、若干地味な路線沿いなこともあってか、都内のゲーム会の中では参加者数は比較的落ち着いたほうだと思うけれど、ビギナーの人ほど、一度行って、その雰囲気に触れて欲しいと思う。

会が終わると食事会になることが多い。一番よく利用される会場である船堀のときは、道向いにあるデニーズが定番。それ以外の会場のときは場所は流動的。場所の好みも考えながら、参加してみるといいだろう。

ピーパーカードゲームに興じる人たち。もともと牌だったゲームを、まんまるがカードゲームでリメイクした。

ピーパーカードゲームに興じる人たち。もともと牌だったゲームを、まんまるがカードゲームにリメイクした。奥には、武器庫からのゲームたちが…

>>NEXT>> 「つなかん×まんまる」インタビュー

Data of Manmaru

会場(主)タワーホール船堀
最寄り駅(主)都営新宿 船堀駅
会場(副)しのざき文化プラザ
江戸川区東部区民館
江戸川区小岩区民館
最寄り駅(副)都営新宿 篠崎駅(しのざき文化プラザ)
都営新宿 瑞江駅(江戸川区東部区民館)
JR総武 小岩駅(江戸川区小岩区民館)
開催頻度月1回
開催時間10:00〜20:00
部屋会議室(机・椅子)
募集方法mixi(http://mixi.jp/view_community.pl?id=5436284)
公式HPhttp://www.manmaru.tokyo.jp/

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です