#4 – 千葉BoardGamer’s(1/2)

千葉駅そばにある、コワーキングスペースのボドゲ会

千葉BoardGamer’s」は、千葉駅そばにある「千葉コワーキングスペース201」で開かれているボードゲーム会。僕は京成線で行ったので、新千葉の駅から向かった。道が坂で盛り上がっている側にこのスペースがあるビルがある。

主催の宇崎さんは、このコワーキングスペースのユーザー。このスペースでは、いろんなイベントが定期的に開かれているが、ボードゲーム会は、その中の柱のひとつとして、スペースのオーナーの協力のもと、開かれている。

宇崎さんは30前の好青年であり、ゲーム好き。スーファミ、プレステ、64などといったゲーム機から入り、いまでもPCゲームを好み、STEAMでいろんなゲームを愉しむが、ボードゲームに知り合ったのは比較的最近のこと。

はじめてからすでに1年以上経っていて、常連の方、はじめてきました!って方もいて、気楽な気持ちで参加できるゲーム会だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入り口横にある棚には、ところ狭しとゲームが置かれている。比較的小箱のものが多い印象だが、奥にはキャメロットを覆う影なども隠れている。見つかったかな?

 

コワーキングスペースならではのことがある。

ゲーム会の参加費は、どちらかというとスペースのイベント利用料として支払うことになり、1000円である。施設として提供してくれるものに、Wi-Fi環境、フリードリンクがある。

さきほどの写真を参照していただくとわかるように、スペースにかなり多くのゲームが常備されているので、手ぶらでいってほとんど問題ない。1時間を越えるような比較的長時間のゲームは少なめなので、そういうのをプレイしたいのであれば持ち込む必要もあると思うが、よくプレイされそうなものは宇崎さんがオーナーと相談しながら、施設の常設ボードゲームとして購入していっている。いま、どのようなものがあるかは、HP(URLはページの下部の会情報に載っています)を確認していただきたい。着実に、増えていっている。

コワーキングスペースらしい、施設の環境。

コワーキングスペースらしい、施設の環境。

 

新進の活気が感じられる会。

参加者の年齢層は万遍ないようだ。つい最近まで学生でした、という人もいれば、ベテランもいる。場所柄、やはり千葉市周辺の人が多いが、近隣の市からこられている人もいる。訪れたときは女性の参加者はいなかったが、ふだんはこられている人もいるようだ。

プレイされるゲームはお店に備えられているものもあり、宇崎さんはそれらを中心に、ビギナーさんをお相手していることが多いが、他ではゲームに詳しい方が卓を立ててインストして回している。こじんまりとした会であり、基本的にゲーム会のスタッフは宇崎さんだけなので、ベテラン参加者がサポートしている感じだ。

何名かは、自作ゲームを作る人がいる。宇崎さんもその一人だ。いま、千葉にはゲーム会が増えているが、ゲーム会を開き、ゲームも作る、という人が多く、活気を感じる。新しいことにチャレンジしたい、いい会を、いいゲームを生み出したい、そんなパワーに触れてみたいと思う人は、ぜひ一度、参加してみてはいかがだろうか。

>>NEXT>> 主催者インタビュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

持ち込みとスペースのボードゲームがごっちゃまぜ笑 奥には僕がリクエストした、参加者持ち込み、1992年ドイツ年間大賞のホーマスツアーが…

 

Data of Chiba Boardgamer’s

会場千葉コワーキングスペース201
最寄り駅JR総武/内房/外房 千葉駅
京成 新千葉駅
千葉都市モノレール 千葉駅
開催頻度月1回(休日)
月1〜2回(火曜日)
開催時間11:00〜18:00(休日)
19:00〜23:00(火曜日)
部屋会議室(机・椅子)
募集方法HP、Facebook、Twipla
公式HPhttp://chiba-coworking.com/boardgamers

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です